小説家としての冥利

はじめまして。沖縄のとある精神病院の待合室からメールしております。私は患者ではなく、医薬品の営業マンをしております。
村上さんの作品は何度も何度も読み返して味わっております。受けた影響は小さくないです。
もし作品を通して世界に大きな影響を与えられるとしたら、どんな影響を与えたいと、村上さんはお考えですか? 
是非、聞きたいです。
(のーりーずん、男性、28歳、MR)

出口を見失って苦しんでいる人に、「出口はあるかもしれない」と思わせることができたらいいなあと思っています。もし誰かにそういう影響を与えられたら、小説家としては冥利に尽きます。

村上春樹拝