河合隼雄先生との対談をもっと読みたかった

村上春樹さん、こんにちは。
だいぶ時間がたってしまっていますが、河合隼雄先生がお亡くなりになってとても残念に思っています。
村上春樹さんと河合隼雄先生の対談がもっと読みたかったです。
(ぶんた、男性、37歳、アルバイト)

そうですね。僕も河合先生ともっといろんな話をしたかったです。とても深くものを考えられる方だったので、話をしていて楽しかった。もちろん学ぶところも多かったですし、本当に残念です。安西水丸さんとももっとたくさんお酒を一緒に飲みたかった。もっとたくさんろくでもない話をしたかった。僕にとって大事な人が、この何年かのあいだに世を去られました。

どちらも最後にお目にかかったときはとてもお元気でしたので、亡くなったということが、まだうまく把握しきれていない部分が僕の中にあります。人というのは意外に急に亡くなってしまうものなのですね。『グレート・ギャツビー』の中にウルフシャイムが、ギャツビーが殺されたあとでニックに「友情というものは相手が生きているうちに行使するものだ」みたいなことを言うシーンがあります。たしかにそうかもしれないですね。友人は生きているうちに大事にしなくてはなりません。

村上春樹拝