できるだけ肉を食べない食生活

こんにちは。村上さんの小説などはよく読ませていただいています。自分は村上龍さんの経済番組を度々見てから、動物性たんぱく質を取ることは殺生にかかわるという自覚をもちました。それでできるだけ肉を食べないようにしています。魚は体のためについ食べてしまいます。食品は成分を見て肉が入っていないか確かめて買っています。時々間違えて買ってしまうときもありますが。コンビニやファーストフード店の前を通ると食べたくなりますが食べないようにしています。この状況についてどう思われますか? 
(匿名希望、女性、40歳、無職)

僕はとくに栄養学には詳しくありませんが、ごく常識的に考えて、動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランス良く摂取することが大事なのではないかと認識しています。もちろん「動物を殺すのは殺生だから」ということで、菜食主義になるのは個人の自由です。僕は肉はあまり食べませんが、魚はよく食べます。肉もときどき(月に一、二回)すごく食べたくなって、ステーキ・ハウスに飛び込んだりします。身体がそういうものを自然に求めているみたいです。自分の身体が何を求めているのか、注意深く耳を澄まされるといいのではないかと思います。あまり神経質になると、ご飯がまずくなりますよ。

村上春樹拝