草葉の陰のデイビーを喜ばせて

ザ・モンキーズのファンになって35年ほど経つ者です。『ダンス・ダンス・ダンス』の中で「モンキーズもひどかった」とあるのが、ずっと引っかかっています。せめて、そこまではひどくなかった、と言ってもらえたら、リードシンガーのデイビー・ジョーンズ(享年66)も草葉の陰で喜ぶと思います。よろしくお願いします。
(りか、女性、45歳)

そんなこと書きましたっけね? 覚えてないな。もしほんとに書いたんだとしたら、申し訳ないことをしました。でもモンキーズの曲って、僕はどれももうひとつぴんとこないんです。しかし決してひどくはなかったと思います。アメリカン・バンドとして、強力な英国勢を相手にそれなりに健闘していました。このあいだアメリカのインターネット映画で、「モンキーズ」の bio-pic(伝記的映画)を見ました。彼らもいろいろと大変だったんですね。知りませんでした。メディアの手で祭り上げられ、ちょっと人気が落ちるとすぐに捨てられました。メディアは怖いです。今でも同じような目にあっているバンド、たぶんありますよね。

村上春樹拝