生きることが辛い時には

村上さんはじめまして。
昨年、いままでに感じたことがないほど、生きることが辛くなりました。
村上さんの小説を読み、なんとか今までやってこられました。
仕事も恋愛も全部うまくいかなくて、これから先、どうなってしまうのかなと思うとどうしていいかわからなくなってしまいます。友人に相談したところ、やりたいことを見つけるように言われましたが思い浮かばず、美味しいものを食べたり、本を読んだりして日々が過ぎていきます。今がよければいいといった感じです。
村上さんなら、このような時をどう乗り越えますか? 
(さらら、女性、29歳、会社員)

僕は単純な人間なので、わりに単純なことしか言えません。身体を動かしなさい。自分の身体と対話をしなさい。あなたの場合、まずそこから始めるしかありません。身体を動かすことがきらい? 呼吸をすることはきらいですか? それと同じです。あなたにとって身体を動かすことは、呼吸するのと同じくらい必要なことです。運動が嫌いなら、部屋の片付けだって、アイロンがけだって、お風呂の掃除だって、なんだってかまいません。集中して身体を動かしなさい。そうしないといつまでたっても、そこから抜け出せないですよ。がんばって。

村上春樹拝