ラブレターを燃やされた17歳男子です

好きな女の子に気持ちの悪いラブレターを書いた所、クラス中回し読みの上燃やされてしまいました。マンガみたいですが、本当に燃やされてしまいました。そのうち懐かしい思い出になるんだろうなあと思います。

村上さんはラブレターを書いたことがありますか? そしてもしも燃やされてしまった場合、どう受け止めますか? 
本を読むようになったきっかけが『ノルウェイの森』です。いつも新鮮な体験をありがとうございます。
(ウケピーコ、男性、17歳、高校生)

それはとてもつらい体験をしましたね。でもどうしてきみは好きな女の子に対して「気持ちの悪いラブレター」なんて書いたんだろう? なんで気持ちの良いラブレターを書かなかったのかな? 理由がよくわかりませんが、それも焼かれちゃった理由のひとつかもしれないですね。僕は気持ちの悪いラブレターなんて書いたことがないので、「どう受け止めますか?」と言われても困ります。

でもきみは「気持ちの悪いラブレター」しか書けなかったのかもしれないですね。きみの気持ちを正直に書いたら、そうなっちゃったのかもしれません。それならそれでいいんだけど。でも回し読みされて焼かれちゃうというのは、いずれにしてもきついよね。僕なら立ち直れないかも。時間がたっても、懐かしい思い出なんかにはならないかも。

手紙を書くこつは、うまい手紙を書こうと思わないことです。それから最低一晩は寝かせること。そして何度も読み直し、書き直す。これが大事です。書いてすぐに出しちゃうと、だいたい後悔します。失敗から学ぶ、これも大事なことです。がんばってね。

村上春樹拝