父を傷つけずに運転を止めさせたい

高校生の頃は、あまりよくわからない、面白くない作家だなぁと思っていましたが、大人になって、恋をして、いろんな経験をふまえて読むと、好きな作家だったんだ! って事で、30過ぎてから全作品読んでます。マラソンも始めました!!

質問です。
父(73歳)が運転が好きで、よく運転手を買って出るのですが、あまり上手な運転ではありません。上手になるように練習するか、他の人にお願いするように、とうまく言いたいのですが、傷つけずに言うにはどう言ったらいいでしょうか? 
(猫が好きになってくれません、女性、43歳、専門職)

僕の小説を好きになってもらえてよかったです。大人になると、食べ物の好みとかも変わります。小説の好みもやはり変わるんですね。よかった。高校生の頃は面白かったけど、大人になって読んだらつまんねえよ、なんて言われるとがっかりします。マラソンもがんばってください。

お父さん、困りましたね。僕のまわりにもそういう人がいます。大事に至らないうちに、どこかで誰かがはっきりと「もう運転はやめて」と引導を渡した方がいいと思いますよ。その手のことを、相手を傷つけないで口にすることはほとんど不可能です。傷つけてもしかたない、という覚悟が必要になります。人生、あるときには人は人を傷つけなくてはならないものです。誰かが「悪役」になることが必要になります。より大きな傷を防ぐために。

村上春樹拝