ヘルシンキからのおたより

こんばんは、春樹さん。

少し前のことですが、久しぶりに書店へ行って面白そうな本がないかと物色していたら、なんと! 春樹さんの新作のフィンランド語訳が出ているではありませんか! 今回はずいぶん早いな、と思っていたら、従来の「英語→フィンランド語」ではなく、直接日本語からフィンランド語に翻訳されたとのことで、なんだか嬉しくなってしまいました。表紙もなかなか素敵でした! 

最後になりましたが、今度はヘルシンキのアカデミア書店に朗読会にいらしてください! 
2年ほど前には、ジョン・アーヴィングさんがいらっしゃったんですよ(優しそうなおじさんでした)。
(ヘルシンキのまゆみ、女性、45歳、会計士アシスタント)

そうですか。それを聞いて、僕もうれしいです。その書店、僕も行ったことあります、大きな書店ですよね。シベリウスの伝記(英語)を買いました。ジョン・アーヴィングって、フィンランドのことが好きなんです。ずっと昔、彼と話をしたときにもフィンランドの話が出ました。自分の小説がたくさんフィンランド語に訳されていることを、すごく自慢していました。

村上春樹拝