父親を越えられない僕

こんにちは、僕は越えられない父親に対してコンプレックスを持っています。
色々な人から話を聞くと父親の学生生活は勉強も出来てスポーツも陸上で入賞したりして、遊び方もすごく上手だったらしいのですが。

自分は勉強も出来ず運動神経も悪くて、遊び方もよく知らないので、何か1つでも父親を越えようとして父親の夢だった作家になろうと努力したのですが、やはりこれも人生経験の少なさや文章力の無さから断念。
父親とは喧嘩も無く良い関係ですが、どこか気をつかってしまいます。

お話に付き合っていただいてありがとうございました。
これからも活躍を祈っています。
(**、男性、16歳、学生)

まだ十六歳でしょう? 人生は始まったばかりです。材料をせっせと揃えているような状態です。学校生活に向く人もいれば、向かない人もいます。今からあきらめてちゃしょうがないですよ。作家になりたい? 作家になりましょう。本をたくさん読み、人生経験を積極的に積んで、文章力を強化すればいいんです。まずやってみなきゃ、何事も前には進んでいきません。腰を上げて、自分にできることをやろう。お父さんに負けているわけにはいかないでしょう。

村上春樹拝