首都高で凍りつく高所恐怖症の夫

ウチの主人の事で、村上さんに話してみたいので聞いて下さい。どうも彼は高い所が非常に苦手のようで、車の運転中、首都高や陸橋などの見晴らしの良い高い所に差し掛かると、スピードが30キロ位しか出せなくなり、私もずいぶん怖い思いをしました。どうにかして克服したいと彼も言っておりますが、どうしたら良いのか分かりません。何かアドバイスを頂けませんでしょうか。
(はと麦茶、女性、45歳、パート)

僕もかなりの高所恐怖症ですが、首都高や陸橋などを怖いと思ったことはありません。人間の恐怖心というのは不思議なものですね。あなたがご主人の運転を「怖い」と思う気持ちもよくわかります。うちのアシスタントの女性に、普通に運転しているときはなんともないんだけど、トンネルに入ると身体がときどき凍りつくという人がいまして、僕も一度なかなか怖い思いをしました。

アドバイスですか? 良いアイデアは思いつけません。首都高を避ける、というくらいしかないんじゃないかな。僕の知り合いにも「首都高にはぜったいに乗らん」と言い張っている人はいますよ。それともあなたが運転するようにすれば? 

村上春樹拝