村上ファンが尊敬される町

村上さんはいつの間にか日本社会においてメジャーな存在になっている現実をどう思っていらっしゃいますか。私は「自分は村上ファンという世の中とはなじめない存在」と常々思って生きていました。ところが最近事情が変わったらしく、周りから尊敬のまなざしで見られるのです。ママは20年以上村上作品を読んでいると子どもが日記に書いたばっかりに、20代の担任の先生が私のことをリスペクトしてしまい、二者懇談がやりにくくて仕方ありません。他にも新刊を買うと書店員さんに満面の笑みをされたり、経験したことのないことが次々起こり戸惑っています。私だって卵になりたい。でも壁が意思を持って吸収しようとしてくるのを感じます。村上さんは常に卵の側でいるために何か努力をなさっているのでしょうか。気の持ちようなのかしら。
(ひまわりママ、女性、41歳、パート主婦)

そうですか、困りましたね。でも世間には、僕のファンであるというだけで、まわりからいじめられたり、夫に馬鹿にされたり、会社の同僚から白い目で見られたりするという方がたくさんおられるようです。そういう方々からのメールがここに数多く寄せられています。あなたがどこに住んでおられるかわかりませんが、そこは何かしら特殊な町なのかもしれませんよ。あるいは町ぐるみで、狸か何かに化かされているのではありませんか? ときどきお札が木の葉になったりしませんか? 気をつけてくださいね。

村上春樹拝