冷静なふりをして質問します

村上さん、初めまして。
日本語を勉強してからもう三年目になりました。ようやく愛読していた日本の小説を原作で読むことができて、よかったと思います。

実は最初はただ「日本を知るためには、今の日本文学を代表する村上春樹の作品を読まなきゃ」というふうな考えだったんですけれど、知らず知らずのうちに、本当に村上さんの作品に魅了されました。村上さんの全部の作品を読もうと思って、今は『ねじまき鳥クロニクル』を読んでいます。今まで読んできた村上さんの作品の中で一番難しい作品じゃないかなという気がします。

さて村上さんへの質問ですが(すごく緊張していますけど、冷静なふりをさせていただきます)、いつか僕は小説を書くかもしれません。いつなのか僕にはよくわかりませんが、小説を書けるようになるのにはどんな努力が必要なのでしょうか。
ご自愛を祈ります。
(***、男性、22歳、学生)

中国の方なんですね。日本語で本を読めるようになってよかったですね。いつも僕の本を読んでいただいてありがとうございます。『ねじまき鳥クロニクル』はたしかにちょっとむずかしいかもしれない。僕はこの作品から、かなり小説のスタイルを変えたと思います。僕にとっても、すごく大事な作品です。転換したポイントというか。

小説を書くために必要な努力? 僕にもそれはよくわかりません。人によってそれぞれに違うから。でもたくさん本を読むことと、誰かを深く愛することは、とても大事なことだと思います。ただし、そうすれば小説が書けるというものでもないのですが。

村上春樹拝