いつか村上さんの作品を校閲したい

私は、書籍の校正・校閲にかかわる仕事をしています。
「いつか、村上さんの原稿を担当出来たらな」と夢見ています。

一つ質問です。
村上さんも作品を書き上げた後に、校正・校閲を受け、その指摘の入った原稿を読まれていると思います。

書籍を作るのに欠かせない仕事だと私は思っていますが、村上さんは、校正・校閲の仕事を、どんな存在として受け止めていらっしゃるのでしょうか? 
(かもめ男、男性、37歳、会社員)

僕は普段は出版の打ち上げってしないんですが、大きな本を出版したあとなんかは、営業の人とか、校正の人とかも加えて、関係者みんなで食事会みたいなのをすることがあります。あちこち大変な作業になりますので、「どうもお疲れ様」ということで。そういうときにあれこれ話をするんですが、校正の人って本当にいろんなことをよく知っているので、いつも感心してしまいます。よく本も読んでいるし。大変なお仕事ですよね。僕にはとてもできないことのひとつです。

作家の側には「校正者を泣かせたら本物だ」というセオリーがあります。校正の人って、文章は詳しく読むけど、内容とはしっかり距離をとっていますから。距離をとって読んでいても、ついついその世界に入り込んでしまう……そういうものが書けるといいですね。

村上春樹拝