コインロッカーの隣にカンガルー

村上さん、こんにちは。
村上さんの小説を読むようになったのは古本屋で村上龍さんの『コインロッカー・ベイビーズ』(雑誌で好きなバンドのボーカルの人がオススメしていたのです)を探してたときに、横にあった『カンガルー日和』という題名と佐々木マキさんのイラストに惹かれて手に取ったのがはじまりでした。

私はどちらの本も購入してよみました。それから村上さんの小説を全部買い集めました。そしてそれぞれを今も思い返す瞬間があると手に取ります。

自分がファンになったきっかけを知ってほしくなるのはファンの常ですね。せっかくの機会なので……! 
(ぶり、女性、34歳、WEBデザイナー)

いつも読んでいただいて、ありがとうございます。村上龍さんに感謝しなくてはなりません。そうですね、せっかくの機会が利用できてよかった。お話しできてよかったです。これからも僕の(もちろん僕のだけじゃなくてもいいんですが)小説を読みつづけてください。

村上春樹拝