いつでもサインをもらえるように

春樹さん、こんにちは。僕は関西在住ですが、もし、街で偶然に春樹さんに出会ったとき、どうしようかと考えることがあります。可能性として無くはないと思います。本屋で立ち読み中の春樹さん、電車の向かいの席で本を読んでいる春樹さん、川沿いをランニング中の春樹さん、色んな春樹さんに出会う可能性があります。読書やランニングのお邪魔をしてはいけないし、声をかけることによって周りの人に気付かれてもご迷惑だろうと思います。また、どうしてもサインをいただきたく思うのですが、では、春樹さんの著書を常に携帯していなければならないし、僕の一番好きな『世界の終り……』にしようか、それとも最新の著書の方がよいだろうか、著書を携帯していないときは手帳のようなものにでもサインをいただけるだろうか、いやそれじゃファンだということをわかってもらえず著名人なら誰にでもサインを要求するミーハーだと思われないだろうか……、いろんな妄想をしています。

そこで質問ですが、街で出会ったときは、できるだけ小声でこっそりお願いしますので、サインをいただけますでしょうか? 

2012年のビーチ・ボーイズ50周年来日公演を観に大阪に行きましたが、街でばったりブライアンに出会ったときのために、ビーチ・ボーイズのCDをバッグにしのばせて行きました。
(テツヤ、男性、42歳、会社員)

去年の夏にホノルルで、マイク・ラブとブルース・ジョンストンだけのビーチ・ボーイズ(もちろんバックバンドはついています)のコンサートに行ったんですが、ブライアンが入っていないと、なんか「うらぶれているなあ」という感じがありました。がんばっていたけど、もうひとつ盛り上がらなかった。不思議ですね。ブライアンとアル・ジャーディンが加わった日本での再結成コンサートは、あんなにちゃんと充実していたのに。僕は五年くらい前に来日したブライアンのサインをもらいました。ミーハーです。

村上春樹拝