実は読み方がわからないのです

20年ほど愛読しています。村上さんの文体が好きすぎて(翻訳も大好きです)他の作家の文章を読む気がおきません。とは言え偏狭なのも嫌なので時々はトライしていましたが、「こんなことをしている時間がもったいない!」とつい村上作品に手を伸ばしてしまいます。そんな瞬間に小確幸を感じ、生きているって素晴らしいと思うのです。仕事や育児や家事やなんやかやを効率よくこなし、村上さんの文章に触れる時間を1分でも長くすることが日々の目標です。

ところで「小確幸」のよみ方を教えてください。(口に出して言ったことのない言葉なので今まで“ああ、小さいけれど確かな幸せな瞬間だ~”みたいに心の中で使っていました)
(パリパリ、男性、40歳、会社員)

「しょうかっこう」です。パソコンの単語登録に登録しておいてください。一日も早く「広辞苑」に載せましょう。(名詞)小さいけれど確かな幸福のこと。村上春樹氏が作って広めた。(例文)冬の夜に猫が布団に入ってくる瞬間が私の小確幸だ。

村上春樹拝