鉄道会社に勤める、名古屋在住の者です

こんばんは。
名古屋在住で鉄道会社に勤め、レクサス星ヶ丘の近所に住む者です。そのため、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』には、設定に対して、なんというか、お礼を申し上げたいような思いを感じております。名古屋にはいらしたことがおありでしょうか。もしそうなら、どのような印象をお持ちでしょうか。
(スカーレット、男性、46歳、会社員)

名古屋で鉄道会社に勤めておられる方なのですね。そうですか。喜んでいただけて何よりでした。「ほんとはこんなんじゃねえや!」という抗議のメールじゃなくてよかったです。僕は名古屋に行ったことがあります。『東京するめクラブ 地球のはぐれ方』という本の中にそのときのことが書いてあります。都築響一くんと吉本由美さんとの共著です。名古屋、ほんとに面白かったですよ。あるいはいくぶん面白がり過ぎているように読める部分があるかもしれませんが、それは誤解です。ちゃんと愛情を抱いて書いています。

村上春樹拝