広告は罪深い?

こんにちは。いつも新刊を楽しみにしております。わたしは広告会社で企画職をしているチカジと申します。仕事はとても好きですが、広告ってあたりはずれがあるので、結果としてあたらないものを作ってしまった場合、自分は犯罪者になったような気持ちになります。
真剣に仕事と向き合うのは、本当に体力がいりますね。いつまで第一線で出来るのか、いまから不安です。
(チカジ、女性、29歳、会社員)

でも、広告がみんなあたっていたら、世の中ってけっこう大変なことになるんじゃないでしょうか。宣伝された品物がばんばん売れて、カード破産が続出して、社会不安が引き起こされそうです。あたりはずれがあるくらいでちょうどいいんじゃないでしょうか。だからもし企画がはずれても、犯罪者になったような気持ちになる必要はないと思います。がんばってください。

もう昔のことだから話してもいいと思うんだけど(いや、前にもどこかで書いたっけな? もし書いていたらすみません)、一度テレビCMに出演したことがあります。某社のビデオレコーダーの広告です。国立競技場のトラックで六人くらいのランナーがゴールインするシーンで、僕もそのランナーの一人になりました。広告会社に勤めている知り合いに「ランナーが足りないから出てくれないか」と言われて、「国立競技場で走れるなら」と思って喜んで出ました。お弁当はもらったけど、ギャラは出なかったと思います。誰も僕がその広告に出ていることには気がつかなかったみたいです。小さくしか映っていなかったから。

村上春樹拝