話が退屈すぎる人への対処法

村上さんのまわりには自分の事ばかり話をする人は多いですか? 
私のまわりには沢山います。誰かが面白い話を始めると、そのことだったら私も話したいと言って話をさえぎり、自分の自慢話やつまらない話を繰り広げます。彼ら、彼女たちは世界は自分を中心にまわっていると思っているのでしょうか? 
ときどき、これは会話ではなく、何かの修行なのではと感じる事があります。もちろん人の話を聞くのはためになることですので良いのですが、そのような人の話をうまく聞くコツはあるでしょうか? 
(エイトマン、男性、32歳、ショップオーナー)

人の話をじっくり聞くことはとても大事ですが、中には本当に話が退屈な人もいます。そういう人の話は聞くだけ時間の無駄、体力の消耗です。逃げ出すのがいちばんですが、まあ、逃げ出せないシチュエーションもありますよね。僕はそういう場合、ヤクルト・スワローズの昔のチームの打順を思い出したりしています。今日の一番打者は飯田でいこうか、真中でいこうか……とか。足の速さでいけば飯田なんですが、真中の長打力にも捨てがたいものがあります。真中が左中間を抜ける二塁打を打ったら、宮本は順当に送りバンドで走者を三塁に進めて、稲葉が右翼前に渋く落としてシングル・ヒット、これで一点だな、とか。これでけっこう時間がつぶせます。四番打者はペタジーニだっけ? 

村上春樹拝