さりげないアプローチのしかた

女性が男性に一目惚れした場合、どんな方法で気持ちをつたえればよいと村上さんは思いますか? 私は昔、ある場所で良く見かける人がなんとなく素敵だなと思い、その人が席を離れている隙に、ちょっとしたメモ書きをその人の席に置いたことがあります。「相手が分からない手紙でごめんなさい、素敵な方だなと思って手紙を書きました。良かったらメールください」とメアドを添えて。しかしその後、メールがくることはありませんでした。

私はよく一目惚れする方なので、男性が嫌な気持ちにならない好意の伝え方ってなんだろう? と良く考えます。村上さんの小説を読んでいて、登場人物がさりげなく異性に声をかける場面がよくあるので、相談してみました。女性から声をかけるというのは、変なのでしょうか? 村上さんのご意見を教えてください。
(よこやま、女性、28歳、学生)

ふーん、あなたはかなり積極的な性格なんですね。僕は知らない女性からそんな風にアプローチされたことがまだないので、よくわかりませんが、どんな気持ちがするのでしょう。その人からメールが来なかったのは、ちょっと怖かったからかもしれませんね。

女性から声をかけられるというのは、べつに変なことじゃありませんが、アプローチがあまり直接的だと、少し警戒的になるかもしれません。僕はとくに人見知りする方なので、いくらかびびっちゃうかもしれない。洗練されたテクニックが必要になります。小説なんかだと、そういうこともすっとできちゃうんだけど、現実ではなかなかむずかしいですね。

現実はむずかしい、というのが今回の結論です。困りますよね。

村上春樹拝