意図的に夢を見る

私は、昔から変な夢を見ます。覚めても内容を覚えていて、あくる日もまた同じ夢をみたりします。ある時思い立って見た内容をクロッキー帳に、ストーリーと見た映像を記して行きました。すると、覚えているのはもちろんですが、その続きから見ることができたり、しだしたのです。3ヶ月ぐらいした頃から、現実の友人の話なのか、夢のなかでのできごとなのか判別できなくなってきました。怖くなって、書き記しをやめました。村上さんは、ふだん夢を記したり、小説に書いたりしますか? また、そんな不思議な体験はありますか?
(onotan、男性、49歳、会社員)

夢の続きを見るというのは不思議な体験ですね。たぶんあなたは夢とのコミットメントが深い方なのでしょう。僕はあまり夢を見ることはありませんし、見たとしても大方の場合、本当に断片的なことしか記憶していません。ただ小説を書くというのは、夢を記述する行為に似ていると思います。違いは、小説家は眠っているときにではなく、目覚めているときに、意図的に夢を見るということと、その続きをいつでも自由に見られるということです。けっこう楽しいですよ。

村上春樹拝