気難しい団塊世代への接し方

過去の村上さんへの質問サイトが書籍になったものをすべて買い、次回機会があれば必ず質問しようと決めていました。参加できてうれしいです。
質問は2つです。
1)私は深夜(早朝?)3時頃、ネットで「村上春樹クイズ」をし、1位判定が出て喜びましたが、同じ時刻に男性で同率1位の方がいると表示されました。
こんな時間に村上さんのことを考えている人間がどれだけ存在するのか、ちょっと考えてしまいました。村上さんは、自分のことを考えている全く知らない人間がたくさん存在することをどうお考えですか。
2)私の父親や上司、取引先の偉い人はみんなほぼ村上さんと同じ世代です。大好きなアーティストも昭和23年生まれです。この世代とまとめてしまうのは乱暴ですが、みんな気難しいです。ただ機嫌が悪いとかではなく、哀しそうで、孤独感が伝わってきて、一筋縄ではいかない感じです。アーティストの方は先日のコンサートでファンにお説教され、会場は静まり返りました。

村上さんと同世代というだけで一緒にしてしまうのは失礼なのですが、村上さんなら的確な回答をしていただけるのではないかと質問してみました。どう接していくのがベストでしょうか。
(ちか、女性、 42歳、事務員)

そうですね。説教癖があるというのは、この世代の特徴かもしれません。中にはけっこう暑苦しいやつもいます。そういうところはなるべく出すまいと、僕もいつも努力はしているのですが、ひょっとしたらところどころしみ出ちゃっているかもしれません。もしそうだとしたら、すみません。僕はある部分、頑固かもしれませんが、そんなに気むずかしくはないと思いますよ。孤独感……もとくにないかも。けっこうあっさりと、普通に生きています。と思うんだけど。

同じ世代で好きな人というと、そうだな、ブルース・スプリングスティーン(昭和24年生まれ)さんなんかはとてもいいですよね。いつも元気で前向きだから。

村上春樹拝