「将棋弁当」を食べていたころ

村上さんの作品やエッセイに出てくる食べ物、飲み物のお話、とても楽しく読ませていただいています。もちろんそれだけでは無いですよ。でも、村上さんにいつ書いてもらえるか、いつ書いてもらえるかと、どきどき胸をときめかせているのが(オーバーですね)……30年以上前に鳩森八幡神社向かいの角にあった釜飯屋さんの釜飯ランチ550円也なんです。ラーメンは召し上がらないようですが釜飯はお嫌いですか? 私は将棋会館に行くたびにこのランチが好きで食べてました。

因みに私の最も好きな小説は『スローターハウス5』と『国境の南、太陽の西』です。一貫性ありませんがお赦しください。
(暗がり坂のたかはし、男性、58歳、弁護士)

将棋会館の「将棋弁当」ってまだあるのでしょうか? ご飯が将棋の駒のかたちをしているやつ。僕はなかなか好きだったんですが。

このあいだドレスデンに行って、『スローターハウス5』に出てくる動物園に行ってきました。前からドレスデンに行ったら、あの動物園に行かなくちゃと思っていました。僕が初めて『スローターハウス5』を読んだのは大学生のときだったけど、それ以来ずっとドレスデンに行くことを考えていました。実際に行くまでに45年くらいかかりましたが。僕はジョージ・ロイ・ヒルのつくったあの映画も大好きで、映画を見終わったあとでジョージ・ロイ・ヒルさんに思わず手紙を書きました(結局出さなかったけど)。でもこのあいだ久しぶりにその映画を見たら、昔ほどは心を動かされなかった。どうしてかな? 若い頃に感動した本とか映画とか、ある程度そのままそっとしておいた方がいいのかもしれませんね。

村上春樹拝