さあ、この勢いでやっちまおう 

初めて質問させていただきます。宜しくお願いします。
私は長年恋愛した彼と結婚してもうすぐ1年が経ちます。
毎日喧嘩したり笑ったりと、楽しい日々を過ごし、充実しています。
そして、お互いの年齢のこともあり子供が欲しいとも思っています。
しかしです。お互いに性欲があまり湧きません。
その結果、妊娠が望める時期に合わせて行動を起こすことになるのですが、お互いが「ねばならぬ」もとに行っていますので、強迫的になってしまいます。
行為自体は、愛する人なので嫌じゃないんです。でも、そうしたいわけじゃないのに、「ねばならない」と思っていると、お互いになかなか気持ちが乗らず、「今月はまぁいっか」と流れてしまうこともあります。
子供は欲しい、でも、強制的にせねばならぬ、そして気持ちが添わない、したくない。
この矛盾に最近は、排卵日付近になると気が重くて仕方ないです。
何か打開策は無いかと日々考えてしまいます。何か、思われるところがあれば教えていただきたいです。
宜しくお願いします。
こちらは余談というか、呟きです。私も小さな頃からヤクルト・スワローズのファンですが、スワローズファンには一風変わった職業、生い立ち、性格の人が多い気がしてなりません。
(匿名希望、女性、34歳)

結婚してまだ一年目なのに、お互いに性欲がわかない。そうですか。どうしてでしょうね? 僕なんか……という話はしてもしょうがないですね。そうですね、排卵日に開催されるヤクルトの試合にすべてを賭けてみられてはどうでしょう。山田哲人がホームラン打ったぜ、さあ、この勢いでやっちまおう、みたいな。山田くんにもそういう意味でがんばってもらいたいものです。

村上春樹拝