色々な恋愛の形

はじめまして。
先生の作品は、時々同性愛の人が登場人物に出て来られます。先生の恋愛の描写はどういう形であれ凄くチャーミングで素敵ですが、同性愛を書くようになったきっかけが何かおありだったのかと、色々な恋愛の形を書くのは楽しいのか難しいのか教えてください。
無礼な質問で申し訳ありません。
(なおなお、女性、43歳)

べつに無礼な質問ではありません。僕のまわりには(なぜか)同性愛の人がけっこういて、僕にとってそういうのはわりに自然なシチュエーションだからかな、とも思います。恋愛のいろんな可能性(組み合わせ)を描いてみたいということもあるかもしれません。人間の性というのは、物語という装置を通して追求していくと、とても興味深いものです。ヘテロ・セクシュアルの中にも、ホモ・セクシュアル的な要素は必然的に含まれているはずだというのが、僕の基本的な認識でありますが。

村上春樹拝