相手を責めずにはいられない

村上さん、こんにちは。
私は人を責めてしまいます。仕事の同僚、夫が何かを失敗した時、ズルをした時、自分の正しいと思う考えを声高らかに叫び、相手を責め立てます。そして、ほぼ毎日、あ~、また責めてしまったと反省。反省するだけましだとは思いますが、いい加減直さないと……と思っていても、いつも気づいた時には相手を責めている。どうしたら、相手を責めないでいられますでしょうか。村上さんは穏やかで、だけど必要な時には人を説得する言葉をお持ちなのでご質問したいです。よろしくお願いします。
(Aomame、女性、38歳、会社員)

なぜか僕のところには「怒りやすい人」から多くのメールが寄せられています。そういう人が世の中に増えているのでしょうか? それともこの世界には怒るべきことが増えているのでしょうか? 

僕は決して穏やかな性格というのではないのですが、最近たしかに怒ることがすくなくなりました。僕のあなたへのアドバイスは「なるべく腹の立ちそうなところには近寄るな」「他人には期待するだけ無駄毛のちょんちょろりんだと思いなさい」「わたしにも欠点はたくさんあるからなあ、と考えようね」ということです。それでも腹が立ったら海に行って「世界の馬鹿野郎!」と叫ぶことです。それでもまだ腹が立ったら「ヴィクトリアズ・シークレット」に行ってセクシー・ランジェリーを買いましょう。最後のはあくまでオプションですが。

村上春樹拝