モルダウ河の流れのように

村上さん、こんにちは! 私は日本語を勉強しているアメリカ人の大学生だから、ミスがあったら、すみません。ちょっと相談したいことがあります。

筆者になりたいですが、どうやる気を出すか教えていただけませんか。書くのが得意と思うし、記事や小説を読むのが大好きだし、アイディアがあるにもかかわらず、きっかけがないと思います。これは、筆者にならなければいいというサインでしょうか。
お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願いします。
ジェニー・ジャン
( jennyg、女性、21歳、学生)

アイデアがあるのに、書くきっかけがない。これはよくあることだと思います。どこからどのように手をつければいいのか、手がかりがつかめないということですね。たぶんそれはアイデアが大きすぎるのではないかという気がします。そのアイデアをとても小さな、具体的なものに分けていって、そのうちのひとつから書き始められるといいのではないでしょうか? 最初はとてもとても小さなことでいいんです。小さな流れが集まって、だんだん大きな川になっていきます。スメタナの「モルダウ」みたいに。

村上春樹拝