自分らしさと社会性と

28歳ですが最近社会人になりました。常識がないと上司に怒られてから、社会人としてそつのない人間になろうととても気を遣って過ごしています。周囲に適合する社会性は大事だと思いますが、たまに自分が無くなるんじゃないかな、なんて思ったりもします。自分らしくいることと社会に適合しようとすることとどちらが大事でしょう? 
(キキ、女性、28歳、一般社団法人の広報)

お言葉を返すようで申し訳ないのですが、世の中の普通の人は、自分らしく社会に適合していくことを考えます。そういう道を模索していきます。自分らしくあるか、あるいは社会に適合していくか、という二択みたいなことになると、話がかなり面倒になるからです。もちろんあなたが特殊な才能を持つ芸術家であったり、スティーブ・ジョブズみたいな天才であったりすると話は別ですが、そうでなければ、「妥協」という穏当な道を選ばれるのが賢明ではあるまいかと、僕は愚考します。それがあなたの上司のおっしゃるところの「常識」ではないかと。決してあなたの上司の肩を持つわけじゃないんですが。

常識を持つことと、そつのない人間になるのは、またべつのことです。僕は「そつのない人間」とはとても言えませんが、常識はいちおう持っています。そういう生き方も可能だと思いますよ。がんばってね。

村上春樹拝