昔好きだった子が忘れられない

はじめまして。

恋愛についての質問です。
僕はいま、恋していた子のことを諦めきれないままで、僕を慕ってきてくれる別の女の子と交際をしています。いまの彼女のことは好きなのですが、一人で部屋にいるときは、好きだったその子のことばかり考えてしまって、罪悪感でいっぱいです。けどそのことを伝えて、正直に謝ることもできません。僕も人並に幸せになりたいと、自分勝手に思っているからです。どうすればいいのでしょうか。あるいはどうにもできないならば、どんな心持ちで生活していくべきなのでしょうか。

村上さんの小説の主人公みたいに、数行の独白と一緒に悲しい気持ちを前の頁に置き去って、平然と振る舞えたなら、と思います(彼らの本心がどうであれ、僕にはそんなふうに見えるのです)。
(砂糖 茶、男性、22歳、大学生)

22歳というのはいろんな体験をして、そこからいろんなことを学んでいく年齢です。そしてあなたは今じっさいに体験をし、学んでいるところです。精一杯体験をし、精一杯学べばいいと思います。何が正しくて、何が間違っているか、それはあとになれば自然にわかります。あるときには流れのままに流されることも大事です。できれば人を傷つけることなく生きられればいいんだけど、ときとしてそれはとても難しいことになります。健闘を祈ります。

村上春樹拝