帰国子女を羨ましく思うことは?

村上さん、こんにちは。赤い本や青い本を読んで、村上さんと交流できるなんていいなぁ、私も参加したいなぁとずっと思っていました。今回このサイトが開設されてとても嬉しいです。

村上さんの翻訳著書もかなりの数を拝読しております。私は英語の実務翻訳者なのですが、分からない単語や表現があってウンウン唸ってしまうとき(辞書でもネットでも解決できない場合)、帰国子女に生まれればよかったのになぁと帰国子女を羨ましく思うことがあります。仕事を別にしても、英語という言語が好きなのでなおさらそう思ってしまいます。米国に留学・在住経験もありますが、完璧なバイリンガルには程遠いと感じます。

日本で生まれ育った村上さんは、翻訳をなさるときそのように(帰国子女だったらなぁ)と思われることはありますか? それとも逆に、英語に接するうえで完全なバイリンガルでないことの利点はあると思いますか? 

村上さんからのご回答を胸に、今後も前向きに仕事をしていきたいのでどうぞよろしくお願いします。
(かりんと、女性、42歳、翻訳者)

バイリンガルと翻訳の能力とはほとんど関係ないというのが僕の意見です。文章の読解力と会話能力とはまるで別のものです。帰国子女みたいな人は僕のまわりにもけっこういますが、翻訳の役にはあまり立ちません。どうしてもわからないところがあると、英語ネイティブの人に訊くことはありますが、ネイティブだって言うことがまちまちで、そんなに役に立たないことが多いです。自分の能力を信じましょう。愚痴を言ったり、他人をうらやんだりする暇があったら、少しでも自分を磨くことです。ほんとに。がんばってくださいね。

村上春樹拝