これが本当に自分の望んだ人生なのか

村上さん、こんにちは。
以前、村上朝日堂で、悩める21歳の方に「おいしいものを食べて、楽しいことをして、女の子とやることを考えているのが、その歳としては普通なのではないでしょうか。そのうちになんとかなるような気がします。」と村上さんは答えられていました。それを本で読んだとき私もちょうど21歳で、ずっとその言葉を肝に銘じて20代を過ごし、今29歳になりました。就職して結婚もして、側から見ればうまく社会に馴染んでやっているという感じかもしれませんが、これが本当に自分の望んだ人生なのか、もっといい人生を送れたのではと思うことがあります。村上さんが29歳の時、どんなことを思っていたか教えていただきたいです。
(にんじゃん、男性、29歳、工場技術員)

でもなんとかなっちゃったでしょう? よかったじゃないですか。仕事もちゃんとやっているし、奥さんももらった。立派なものです。僕も及ばずながら褒めてあげます。「これが本当に自分の望んだ人生なのか?」、それも29歳の人が普通に考えることです。きっとなんとかなります。十年後にまたメールをください。

村上春樹拝