潜水艦映画を語り合う

村上さんこんにちは。私は子どもの頃から、暗くて密閉された所がとても苦手です。小学生の時、たまたまテレビで「Uボート」という映画を観てしまい、潜水艦の中の「狭い・暗い・息苦しい・じめっとした」感じが、体に染み込んでしまいました。今でも、小さな物置や暗いコンテナの中に入れられたらと想像するだけで卒倒しそうです。村上さんは狭いところは平気ですか?(井戸に住まわれたことがありましたっけ?)
(ふじぼん、男性、43歳、福祉関係)

僕は狭いところがとても苦手なんだけど、そのせいかどうか、「潜水艦映画」が大好きです。一度和田誠さんと、吉本由美さんと、僕との三人で「潜水艦映画」について徹底的に語り合ったことがあります(この鼎談はどこかの本に入っていたと思う。吉本さんの本だっけ?→スタッフ註:『するめ映画館』〈文藝春秋〉です)。 けっこうたくさんあるんです、「潜水艦映画」って。あなたもいっぱい見て、息苦しさを存分に楽しんでください。ちなみに僕はまた高所恐怖症ですが、「高いところ映画」も大好きです。要するに怖いもの見たさですね。

村上春樹拝