なぜデモは進化しないのか

はじめまして。僕は先日初めて原発再稼働反対のデモに参加したのですが、ちょっと不思議に思ったことがありました。それは、どうしてデモはその形式を大きく変えないまま何百年も続いているのだろう? ということです。言い換えれば、どうしてデモはこれまでの失敗の経験をふまえて、ラディカルにその在り方を変えてしまおうとしなかったのか。結局のところデモも政治システムに含まれてしまっているのではないかと思うとちょっと暗い気持になってしまいます。
(mt.book、男性、22歳、大学生)

どこがどうと、もう少し詳しい意見を聞かせていただけると、僕の意見も言いやすいんだけど、でもおっしゃっていることはだいたい感じがわかるような気がします。デモというのは誰かが主催しなくてはならないわけだし、主催者のプランにしたがって実行されることが多くなります。団体行動ですから。そしてそのプランは、あるいは参加者の個人的プランにそぐわないかもしれない。そういうことなのかな? なかなかむずかしい問題ですね。

村上春樹拝