本のタイトルは村上さんが決めるのですか?

村上さんこんにちは。
村上さんの『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』は、私が今まで読んできたさまざまな作者のさまざまな本の中で、最もタイトルが素敵だと思う本です。文章としての美しさがあり、日本語ってこんなにきれいなものなのかと感動します(おおげさでしょうか)。
本のタイトルは、村上さんご自身で決められているのですか? 
(ももこ、女性、23歳)

僕が決めました。おほめにあずかりまして、光栄です。僕は本のタイトルをつけるのって、けっこう好きなんです。だいたいすっと決まります。最後までどうしても決まらなかったのが『ノルウェイの森』です。これはビートルズの曲名ですし、そんな有名な曲の曲名をそのまま借用するというのが、僕としてはどうも釈然としなかった。でもどれだけ考えても、他にタイトルのつけようがなかったんです。

だいたいいつも先にタイトルができて、そのあとで小説を書きます。内容もぜんぜんわからないのに、タイトルだけ先にできちゃうということもあります。逆に言うと、タイトルが先にできちゃうと、話を書くのはわりに簡単になるみたいです。あとからタイトルを考えるのって、けっこうしんどいですね。

村上春樹拝