人から受ける評価について

村上さん、こんにちは。いつも楽しく小説を読ませていただいております。また村上さんの影響で走ることも人生の一部となりました。感謝しています。やや傲慢なのですが、私は自分のやったことの評価は自分が一番正しくできると考えています。逆に人から受ける評価を気にして自分の行動を変えることは極力やりたくありません。仕事もプライベートもです。村上さんは人から受ける評価についてどう思われますか。読者の意見によって作風が変わったりすることはありますか。
(pochomkine、男性、43歳、自営業)

僕はかなり頑固な性格だと思いますが、他人の意見にはなるべく耳を傾けるようにしています。そのまま承って、ぜんぜん言うことをきかないということはよくありますが、いちおう承ります。それを取り入れて何かを変えていくということも、少なからずあります。僕も自分にそれなりの自信をもっていますが、しばしば間違いを犯すというのもまた確かなことだからです。そのへんの兼ね合いはむずかしいです。経験的に学んでいくしかありません。あなたは間違いを犯したことって、これまでにありませんか? 

読者の意見で作風を変えるということはありません。作風というのはそんなに簡単に変えられるものではありませんから。自分の好きなことを好きなように書くしかありません。ただなんらかの現実的な指摘を受けて、部分的に訂正をすることはあります。

村上春樹拝