野球を見るのって素晴らしい

ファンクラブの名誉会員お疲れ様です。私も今年でヤクルトファン歴30年を迎えます。ヤクルトも毎日飲んでます。

さて、村上さんに質問ですが、未来の神宮球場はどのように改修するのがいいと思いますか。私は神宮球場で野外ビールを飲むのが好きなので、屋根は付けてほしくないのです。でも真夏に選手の異常な汗の量を見ていると、ドームで快適にプレーする他球団の選手とついくらべてルサンチマンしてしまいます。このところ故障者が多いのも気になります。そのうち涼しい新潟に移っちゃうんじゃないだろうかという心配もしています。新潟に行っても自分は応援を続けるんだろうか。

シーズンオフは試合がないのでついついいろいろ考えちゃいます。早くペナントレースが始まらないかなあ。
(ツバメの明日、男性、49歳、公務員)

僕は屋根つきの球場は好きではないので、今のまま空がしっかり見られるといいなあと思います。花火も楽しいし。あとはやはり天然芝ですよね。そうすれば故障も少なくなるのでは。アメリカの球場も今はみんな天然芝に戻していますからね。金網も低くしてもらいたいです。レッドソックスの本拠地のフェンウェイ球場なんて、金網は(バックネットをべつにして)ほとんどありません。そのぶんお客さんは真剣にグラウンドを見ています。目を離すとあぶないから。でも素晴らしい景色ですよ、金網がないと。フェンウェイに行くたびに、ああ、野球を見るのってほんとに素晴らしいなあとつくづく思います。神宮もそうなってもらいたい。

僕がいちばん警戒するのは、イベント会社みたいなところが入ってきて、野球観戦がどんどんショー化していくことです。今だって場内放送とか、DJ状態とか、かなりきんきんとうるさいです。耳が痛くなります。年を追って派手になっていく。もう少し抑えてもらえないものか。オルガン演奏の時代が懐かしいです。もっと素朴に、ストレートに野球の試合が見られる環境があるといいなと思います。アメリカの球場に行くと、野球の試合そのものをじつに素直に楽しめるものね。観客もみんなすごく野球に詳しいし。

村上春樹拝