フォークナーのせいで

アメリカ文学を専攻していて、フォークナーについて勉強している大学4年生です。僕には6年間付き合っている彼女がいました。でも、さいきんになって彼女に「卒業後は大学院に行ってアメリカ文学をもっと研究したい」と打ち明けたら、さくっとフラれました。もう悲しくてたまりません。別れる際、彼女から「君は好きなことをやりな」と言われたのですが、いまではそれが呪いのようになって、なんだかもう、本の背表紙を見ているだけでつらくなってきてしまいます。僕はこれからどうすればいいのでしょうか。
(くーぽん、男性、22歳、学生)

そうですか。ずいぶんあっさりと振られちゃったんですね。おまえのせいだよ、とフォークナーにあたることもできませんよね。とっくに死んでしまっているから。もっとも、あの人はもしそんなこと言われても、ぜんぜん気にしなかったと思いますけど。「へえ、そうかい。そりゃ、また」みたいな感じで。

大学に残って研究を続けるというあなたの生き方が、彼女には気に入らなかったのでしょうか? どうすればいいか? 彼女とフォークナー、どっちが大事ですか? むずかしい選択ですね。じっくり考えてみてください。

村上春樹拝