レイモンド・カーヴァーの本質

私はRaymond Carverの大ファンです。私にとっての話だけど、村上さんの短編にはすごくCarverの雰囲気が漂ってる。村上さんにとってCarver小説のエッセンスはなんですか? あるいは気になるところはありますか? 
(naophil、男性、51歳)

僕は彼の短編小説を全部訳しましたし、その影響はやはり少なくないと思っています。どこがどうと言われても、なかなか困るんですが。彼の文体のエッセンスは「no nonsense」というきっぱりした厳しい姿勢を保ちながら、決して優しい視点を失わないところだと思います。これは口で言うのは簡単だけど、実際にやってみるとほんとにむずかしいことです。たぶん僕にとっての永遠の師匠のひとりになるでしょうね。

村上春樹拝