若潮マラソン走ります

村上さん、こんばんは。ぼくは来週の日曜日に若潮マラソンを走ります。その練習で日々トレーニングしており、そのついでに腹筋と背筋をやるようになったら、腰痛も治ったし、すこぶる体調もよくなり、そしてカラダがシュッとしてきたんですね。「腹をくくる」「腹を割って話す」あるいは「腰を据える」「本腰を入れる」というじゃないですか? ということはなにかこの辺りにたいせつなものがあるんじゃないかと思うのです。例えば魂とか? 健全な肉体に健全な魂が宿ると。そういうことなのかなあと思うのですが、村上さんはそのあたりどう思われますか? 夜分にすみませんが、どうか教えてください。
(canpachi、男性、53歳、会社経営)

若潮マラソン、僕も何度も走りました。参加人数もそんなに多くないし、景色もいいし、なかなか素敵なレースです。後半が山になりますので、前半で飛ばしすぎないことが大事です。気をつけないと脚がやられます。最後の登りで多くのランナーが痙攣に悩まされます。帰りに駅で菜の花うどんを食べるのが楽しみでした。健闘を祈ります。

腹筋、背筋、大事ですね。それから水泳をやっていると、肩甲骨(けんこうこつ)の大事さもわかってきます。魂がどこにあるか、そこまでは僕にもわかりませんが、腰痛が治ったのはなによりです。

村上春樹拝