私の野望、どう思います?

村上さん、はじめまして。「そうだ、村上さんに聞いてみよう」シリーズをリアルタイムで体験できる日がくるなんて夢のようです。このような機会をありがとうございます。村上さんには“野望”はありますか? 私には「レオナルド・ディカプリオと話したい」という野望があります。でもそれは、大勢のファンの1人として空港到着ロビーで「私あなたの大ファンなの!」と叫んで「ありがとう!」って言ってもらう、とかそんなのじゃなく、本当にちゃんと話したいのです。英語は話せます。でも芸能関係のお仕事でもないし、関西在住のただの主婦のこの願いを叶える術が果たしてあるのか、どの方向で努力すればそこに近付くのか、時々考えていますが答えはまだ出ていません。“夢”だと何となく叶いそうなのですが、身分不相応な願いなので自分では“野望”と呼んでいます。村上さんの野望があれば、お聞きしたいです。また、私の野望は客観的に見てどんな感じでしょう? 綿密に計画を立てれば、何か努力すれば叶うと思われますか? それとも「ちょっとそれは……(苦笑)」って感じですか? はっきり言って下さって結構です。よろしくお願いします。
(あっこん、女性、39歳、自営業)

そうですか。ディカプリオさんのファンなんだ。会えるといいですね。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の彼は強烈だったですね。

僕は二年くらい前のことですが、ジョニー・デップさんに会いました。ホノルルのホテルのプールサイドで本を読んでいたら、すぐ前に例の海賊姿の男がいて、「またコスプレやってるんだな。こんなに暑いのに、まったく物好きだよな」と思っていたら、本物のデップさんでした。撮影の合間にメイクをしたまま休んでいたんですね。あまりに驚いたんで、声も出なかった。

村上春樹拝