レフェリーの谷口さんが好き

村上さん、こんにちは。
中学生の頃村上さんの本に出会い、かれこれ四半世紀が経過した不惑の女です。
私は、村上さんの本を読むのと同じくらいラグビー観戦が大好きで、秋から冬にかけてはほぼ毎週のように外苑前を彷徨う生活をしてます。村上さんが一緒にマラソンを走っていた谷口さんは、ラグビーのレフェリーをやっている方ですよね? 
私は谷口さんのレフェリングが大好きなのです! 
つい先日、谷口さんはレフェリーとして偉大な記録を成し遂げました。それは本当に素晴らしいことです。
もし谷口さんにお会いになる機会があれば、是非おめでとうと言ってあげてください。
村上さんは、ラグビーを生で観戦したことはありますか? 
(むくむく、女性、41歳)

谷口くんはずいぶん熱心にラグビーのレフェリーをやっているみたいですね。そんなにえらい人だったんだ。それは知りませんでした。軽く見ていて悪いことをしてしまった。谷口くんは早稲田のラグビー部出身で、某出版社の編集者でもあります。うちの駅伝チーム(「梅竹下ランナーズ・クラブ」梅クラスか、竹の下の方クラスのランナーという意味)の中心選手でもあったんだけど、ここのところ駅伝をやっていないので、しばらく会っていません。そのうちにラグビーを見に行きます。「村上さん、いちど見に来てくださいよ」と言われてるんだけど、「野球なら行ってやるんだけどさ」みたいなことになっています。神宮と秩父宮、すぐ隣なんだけどね。

村上春樹拝