遠藤周作さんの作品のどこが好き?

こんにちは。村上さんは以前、『若い読者のための短編小説案内』の中で、遠藤周作さんを読んでいると書かれていましたが、遠藤周作さんの作品のどのようなところが好きですか? 私は『沈黙』を読んで、とても感動しました。最後に司祭が真の信仰?に辿り着くところがグッときました。私はクリスチャンでも何でもなく、特に信仰を持っていないのですが……弱者の立場で書かれているからでしょうか? 
(いよかん、女性、35歳、会社員)

遠藤周作さんの長編小説には優れたものが多くありますが、短編小説って、それに比べるとちょっと(いくぶんですが)弱いような気がします。これはあくまで私見ですが。今回の僕の回答には「あくまで私見ですが」というフレーズが多いですね。逃げ腰になっているのか? そんなことはありません。社会の多様性に留意しているだけです。私見ですが。

村上春樹拝