ずっと胸の奥に秘めていた質問

14年前、名古屋の紀伊國屋書店で中央公論新社発行、村上春樹さん編・訳『月曜日は最悪だとみんなは言うけれど』を購入しましたら、表紙をめくったところに「村上春樹」の判とサインらしきものが書かれていました。これは本物のサインですか? いつかこういう機会が来ることをじっと何年も待ち続け、ずっと胸の奥に秘めていた質問です。どうか真実を教えてください。本物ならそっと私の本棚に戻し、家宝として大切にしたいと思います。
ちなみに、本はとても面白くたまにパラパラ読み返しています。
(しばきょー、女性、45歳、歯科衛生士)

僕はサインってほとんどしないんですが、たまに出版社に頼まれて、初版本に何冊かサインをすることはあります。それが書店にまわることもあります。『月曜日は最悪だとみんなは言うけれど』にサインをした覚えはないんだけど、僕はたいていのことはよく覚えていないので、自信はありません。

村上春樹拝