無性にハグしたくなる

村上さん、こんにちは。
僕は数年前に海外をプラプラとバックパックを担いで旅行していた31歳の男です。経験豊富な村上さんに教えて頂きたくてメールしました。
僕は海外を旅行しているときに数えきれないくらいの人と出会い、ハグをすることで、出会いや別れや再会の喜びを共有してきました。最初はハグをすることが少々照れくさくて、なんだかなーと思いながら求められるとしていた程度だったんですが、回数を重ねるごとに、こりゃすごい! と、ハグの虜になってしまいました。
ハグをすることで、なんだか相手との距離がグっと縮まった感覚になったり、別れの瞬間でありながら再会の瞬間がきっとあるんだろうなと意識できたり、ハグにはいいことばかりだなーと感じています。
そんなハグの虜になってしまった僕ですが、日本に帰国してからはなかなかハグができていません。旅で出会った友だちとはできるんですが、例えば職場の友人ととても嬉しいことを共有した瞬間や、久しぶりに会った異性で既婚者の仲良しな友人との再会の瞬間なんかには無性にハグをしたくなるのですが、「ちょっとハグしちゃマズいかなー」と躊躇してしまいます。
村上さんはハグをしますか? もし、するならばどんな関係性の人と、どんなシチュエーションでしますか? 村上さんのハグ論を教えてください。
よろしくお願いします。
(そーげん、男性、31歳)

何年か前のことですが、あと数ヶ月の命だと医師に告げられた女性と、最後に別れるときにしっかりハグをしました。そしてその数ヶ月後に彼女はじっさい亡くなってしまった。長いあいだ一緒に仕事をしてきた人だったんだけど。それは僕の生涯でいちばん悲しいハグだったです。

昔はこのようなやりとりで「ヴァーチャル・ハグ」というのもやっていたのですが、そういうこともあって「ヴァーチャル・ハグ」は今のところ休止しています。


村上春樹拝