後悔先に立たず

いつも、本を楽しませていただいております。せっかくなので、ご相談を。
今まで、それほど経験はなかったのですが、最近つくづく後悔することをしてしまいました。自分のなかで反省し、切りかえていくと答えは出たのですが、ふとしたときに何度も思い出されてきます。悔やまれることというのはこういうものなのかもしれません。時間が経過することで解決していくのでしょうかね……。
村上さんは、自分のしたことが悔やまれる経験はありましたか?(あまりなさそうですが^^;)
思い出したくないことが蘇ってしまったときは、何かしますか? 走るとか、音楽を聴くとか……。
つまらない相談かもしれませんが、お答えをいただけると悩みもぶっ飛ぶかもしれません(^^)
次の作品も楽しみにしております。
(ターコイズブルー、女性、45歳、パート主婦)

自分のしたことを悔やむというのは、僕にももちろんちょくちょくありますよ。でも「つくづく後悔する」というのは、最近はかなり減ったような気がします。少しは知恵がついてきたのかもしれません。あるいはただラッキーだったのかもしれない。やはりいちばんきついのは、自分の不注意で誰かを傷つけてしまったようなときですね。これはかなりこたえます。自分の痛みであればそれなりに我慢して耐えられるんだけど、他人の痛みはどうすることもできません。

人生でやりなおせるものなら、やりなおしたいことはあるか? ひとつふたつはあります。でもそれはちょっとここで口にはできないことなので。

村上春樹拝