作品に込められた意図

はじめまして。モンリーと申します。
村上春樹さんの作品は学生時代から興味深く読ませて頂いております。私自身、小説を書いているのですが、村上さんの作品についてご質問させて下さい。村上さんの小説には独特の世界観がありますよね? 観念的で抽象的な部分もあると思います。読んでいる間は興味深く、読後感も好きです。何か不思議な感覚が残るんです。でもどこか捉えることが出来ない。しかし、確かにある。
そこで、お聞きしたいのですが、村上さんは作品の中で読者に向けて「このメッセージ」が伝えたかったのだということを予め明確に持った上で創作にかかられるのでしょうか? プロットを作らずに書かれるとお聞きしたことがありますが、ぼんやりとこんな世界観を作り出したいという意図があり、それが達成されて作品が仕上がるといった感じでしょうか? 
ご回答、よろしくお願い致します。
(モンリー、男性、32歳、エンジニア)

とくに意図ってないんですよね。最初なにかの断片があって、それがちょっとずつ僕の中で膨らんでいって、そのうちに物語になっていきます。すごく自然に。 テーマもメッセージも、そういうものはとくにありません。あるのかもしれないけど、僕にはわからない。僕はただ文章を使って話を書いているだけです。お役に立てなくて申し訳ないですが。

村上春樹拝