もう小説を書かないのでは?

村上さん、こんにちは。
村上さんの書いた本はだいたい読んでます。読んでないのもたぶんあります。 そんな訳で、その中の『海辺のカフカ』について質問です。この本を読み終わった時に、村上さんはもう小説を書かないのではないか、と感じました。それくらい別の段階に移行したように感じました。 たぶん、他でも聞かれているかもしれませんが、そこには何かが存在したのでしょうか。それとも見えているものがその方向にあるのでしょうか。または村上さんを好きすぎる為なのでしょうか。いつかお会いする事ができたら聞きたかった内容です。お答え願えたら幸いです。
(近藤、男性、32歳、web関連)

小説を書くというのは、生きることと同じです。これを書いちゃったから、もう生きなくてもいいや、なんてことはありませんよね。人はなにがあろうと生き続けるものです。それと同じ意味で、僕は小説を書き続けます。そして新しい場所に行こうと思います。そろそろ次の小説を書こうかなと考えています。読んでください。

村上春樹拝